上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆先制強襲VS甲板障壁の結果
※すべての場合において仕掛側は先制強襲のみ、被仕掛側は甲板障壁のみ。矢印左が仕掛、右が被仕掛

結果
①船員170→90 突入率1/5
 →突入時点では船員数166→54まで減少

②船員120→54 突入率1/6
 →突入時点では船員数118→26まで減少

③船員数90→90 突入率4/14
 →船員数差は変わらず

④船員数40→78 突入率4/11
 →試行毎に船員数差は若干開く

全体で10/36(約28%)

※参考情報
(仕掛側)
練度90前後→100、忠誠度20台→75
(④の前に忠誠度を少し回復)

(被仕掛側)
練度100→90→96 忠誠度100→60
(減少は②と③の間の船員補充によるもの)

仮説1.被仕掛側の練度(忠誠)が下がると甲板回避率が落ちる。
仮説2.船員数が相対的に少ないほど突入率が上がる。
仮説3.船員数に関係なく突入率は一定。


 試行回数が少ないため、どの仮説が正しいかを断定することはできないが、以前の検証において船員差に関係なく100%甲板戦に突入できたことを踏まえると、仮説3が正解であると考える。

 つまり、先制強襲による甲板突入率は船員数差にかかわらず100%となるが、被仕掛側に甲板障壁が付いている場合、その確率は約30%まで低下する。
 今回の検証では上記のように結論づけたい。

 最後に、助言及び検証に付き合って頂いた皆様ありがとうございました。


※追記 「先制強襲+強襲甲板戦→甲板障壁」は多分検証できそうにないのでやりません。でも多分、先制強襲と強襲甲板の効果は重複しなさそう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。